This blog was created on December 2nd in 2010. Diary, Life in Sapporo City, Catholic Church, NGOs (World Vision), Youtube, World of Warcraft, etc... .
If you wanna read English entries only, click here!

Friday, February 04, 2011

[Translation] (日本語) Livestock’s Long Shadow 家畜が落とす長い影

さて・・・
このブログ始まって以来初の、本格的な翻訳の投稿です♪


今回翻訳してみたのは、イギリスの新聞「The Independence」の、"Cow 'emissions' more damaging to planet than CO2 from cars"。
http://www.independent.co.uk/environment/climate-change/cow-emissions-more-damaging-to-planet-than-cosub2sub-from-cars-427843.html
発効日は2006年12月10日。もう4年以上昔・・・('-';;;

この記事は、国連食糧農業機関の「Livestock’s Long Shadow(家畜が落とす長い影)」という、超有名な報告書についての報道です。これが公表されたとき、ヨーロッパなどではトップニュース扱いでしたが(私は当時BBCラジオをリアルタイムで聴いていました・・・)、日本では全く報道されていないので、翻訳してみました♪

あまり時間をかけないで翻訳したので、ぜんぜん名文ではありません・・・('~')


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


車のCO2排出よりも地球環境に有害な、牛からの「排出物」


世界最大の環境破壊の原因と向き合おう。それは車や、飛行機や、ジョージ・ブッシュなどではなく、牛である。

国連の報告書によると、気候、森林、野生生物にとって最大の脅威は、世界全体で急速に数を増している畜産牛であることが特定された。畜産牛はまた、酸性雨や外来種の移入、砂漠化や酸欠海域の発生、河川や飲料水の汚染や珊瑚礁の破壊といった、その他の環境破壊の主要な原因でもあると考えられている。

国連食料農業機関(FAO)による400ページに及ぶ報告書Livestock’s Long Shadow(家畜が落とす長い影)」では、牛のほかに羊、ニワトリ、ブタ、ヤギについての調査がなされている。しかし、ほぼ全ての事例において、全世界で15億頭になる牛が最大の環境破壊の原因とされている。地球温暖化の原因となる温室効果ガスのうち18%は畜産業によるものであり、車や飛行機などの全ての輸送機関からの排出量を合わせた数値を上回る。

家畜の餌を成長させる肥料を製造するための燃料、食肉の生産と輸送、そして放牧による森林伐採は、最も一般的な温室効果ガスである二酸化炭素の排出量のうち9%を産出している。またそれ以外に、二酸化炭素の20倍もの温室効果があるメタンの排出量のうち3分の1が、家畜のゲップや糞尿から発生している。

家畜はそれ以外にも100種類以上にものぼる汚染ガスを産出しており、酸性雨の主な原因の一つであるアンモニアの排出量全体のうち3分の2以上を占める。

報告書はまた、大規模放牧が世界的な森林破壊の重要な動因であり、過放牧によって牧草地のうち5分の1が砂漠に変えられたとも述べている。また、牛の放牧は大量の地下水を必要とする。牛乳1リットルを生産するために、なんと990リットルもの膨大な水が費やされている。

飼育場からの廃水と餌を育てるために使われる肥料によって、水質が栄養過多になり、雑草が他の生物を死滅させる原因となっている。また、殺虫剤や家畜の飼育に使われる抗生剤・ホルモン剤が飲料水に混入し、人々の健康を危険に晒している。

汚染物質は海へ流れ込み、珊瑚礁を破壊し、生物のいない酸欠海域「デッドゾーン」を発生させている。そのうちの一つは2万1千平方キロメートルにもなり、合衆国の牛肉生産による廃水がミシシッピ川から流れ込んでいるメキシコ湾に位置している。

この報告書は、抜本的な改革が行われない限り、将来の食肉の需要増加に伴い、この家畜による甚大な被害は2050年までに現在の二倍以上に増加すると予測している。




原文 Original Text
http://www.independent.co.uk/environment/climate-change/cow-emissions-more-damaging-to-planet-than-cosub2sub-from-cars-427843.html

Cow 'emissions' more damaging to planet than CO2 from cars
By Geoffrey Lean, Environment Editor



Meet the world's top destroyer of the environment. It is not the car, or the plane,or even George Bush: it is the cow.


A United Nations report has identified the world's rapidly growing herds of cattle as the greatest threat to the climate, forests and wildlife. And they are blamed for a host of other environmental crimes, from acid rain to the introduction of alien species, from producing deserts to creating dead zones in the oceans, from poisoning rivers and drinking water to destroying coral reefs.

The 400-page report by the Food and Agricultural Organisation, entitled Livestock's Long Shadow, also surveys the damage done by sheep, chickens, pigs and goats. But in almost every case, the world's 1.5 billion cattle are most to blame. Livestock are responsible for 18 per cent of the greenhouse gases that cause global warming, more than cars, planes and all other forms of transport put together.

Burning fuel to produce fertiliser to grow feed, to produce meat and to transport it - and clearing vegetation for grazing - produces 9 per cent of all emissions of carbon dioxide, the most common greenhouse gas. And their wind and manure emit more than one third of emissions of another, methane, which warms the world 20 times faster than carbon dioxide.

Livestock also produces more than 100 other polluting gases, including more than two-thirds of the world's emissions of ammonia, one of the main causes of acid rain.

Ranching, the report adds, is "the major driver of deforestation" worldwide, and overgrazing is turning a fifth of all pastures and ranges into desert.Cows also soak up vast amounts of water: it takes a staggering 990 litres of water to produce one litre of milk.

Wastes from feedlots and fertilisers used to grow their feed overnourish water, causing weeds to choke all other life. And the pesticides, antibiotics and hormones used to treat them get into drinking water and endanger human health.

The pollution washes down to the sea, killing coral reefs and creating "dead zones" devoid of life. One is up to 21,000sqkm, in the Gulf of Mexico, where much of the waste from US beef production is carried down the Mississippi.

The report concludes that, unless drastic changes are made, the massive damage done by livestock will more than double by 2050, as demand for meat increases.

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ


No comments:

Post a Comment